Interstellar インターステラーを観て… 映画鑑賞と共にあけましておめでとう。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

お正月いかが過ごされましたでしょうか?
私は風邪気味で具合が悪かったのでゆっくりしていました。
だいぶん良くなってきた。

ということで映画を1本観てみました。
インターステラー
ちょいネタバレ注意です。

荒廃した地球を救うために新天地を目指して宇宙を冒険するお話です。
怪現象が起こる元パイロットの主人公クーパーの娘マーフの部屋では奇怪な現象が起こる。
その現象からある場所が導かれ物語が進んでいきます。
ハードなSF考証からリアルな設定で物語が展開されているようだ。
物理学とか宇宙のことをちゃんと勉強した人はかなり楽しめそう。

砂嵐に襲われるの地球の寂しい景色がよかった。
アポロ計画はもはや嘘だっていうことになっていたのだが結構一般的にはそういう認識なんだろうか?
SF映画はやっぱり宇宙の描写がとても大事だと思うのでこの映画は結構よかった。宇宙船の外にカメラをつけたようなカットも印象的。

宇宙ステーションとドッキングした直後、重力を発生させるためにグルングルン回るんだけど、中から外を見るシーンで当然外がぐるぐる回っている。クルーのニコライ博士が酔い止めくれーってなるんだけど私もなった笑。お正月のご馳走プラスお酒もあったかもしれないけど、映画は部屋を真っ暗にして見る主義なのでかなり三半規管にきてしまった笑
まあ後半もっと酷いシーンあんだけどね。コーヒーカップとかも苦手なのでこの描写はもう少しお手柔らかにして欲しかったな笑。
お供にTARSっていうロボットが同行するんだけどこのロボット初登場時はのろくて本当に板にコンピューターが付いてるだけにしか見えないんだけど水の惑星でブランド博士を助ける時にトランスフォーマーみたいに変身していきなり機敏な動きをはじめたのには度肝を抜かれた。

岩と氷の惑星では先発隊のメンバーを助けるんだけど助けたマン博士は孤独の時間が長すぎたのが主人公たちに襲いかかってくるというここまできて人間同士の足のひっぱりが起こるという映画独特のイライラを伴いつつ冒険は進んでいきます。

土星付近からワームホールを使ってワープして遠い宇宙まで行く設定なんだけど出てくる惑星は水の星と氷の惑星くらい。どちらも想像を絶せるような光景ではなかったかな。もう少し異世界な感じでもよかったかもって思った。でも実際ああいうところがあったらそんなにすごい景色ないかもなので結構リアル思考でデザインしたのかなと思いました。

マン博士の暴走のせいで宇宙ステーションが破損して回転しながら墜落しそうになるのですが、その回転に合わせてシャトルをドッキングするシーン。ロボット君が不可能です!っていうんだけど私も賛成。三半規管が弱い人には無理だよ笑。想像しただけど恐ろしい。クーパーはなんとかしちゃうんだけどね。凄すぎる…
どうもマン博士とのバトルやこの辺りからハードSFからヒーローものに変化しているような感じが

最終的にブラックホールの中に突っ込むのですが…
そこで物語の謎が解けていくのですが…
自分にはファンタジックすぎてどうもそれまで描かれてきた世界観との一致を感じることができなかったかな。だってさ、どう考えて死ぬしかない状況なんだけどえーって感じで。最後は某◯ンダムにそっくりなコロニーとか出てきちゃうし。

この映画が描きたかったのって距離、空間、時を超える親から子への愛、家族愛っていう感じだったのかな。ちょっと題材がハードすぎて最後が少し浮いているように感じた。でもなかなかスケールの大きないい話だったと思います。息子さんや娘さんがいる親御さんは一緒に見ることをお勧めしたい。もしかしらた宇宙に興味を持ってお子さんが勉強熱心になってくれる可能性がある…かもしれない。

あと音楽が素晴らしかった。物悲しい旋律が世界観と物語を非常に効果的に盛り上げていました。音色も曲も綺麗な曲ばかりだったな。

宇宙って映画によって結構印象が違うよね。
スターウォーズの宇宙はなんか楽しそうだもん。ゼログラビティなんかは恐怖でしかない。
ちなみに宇宙が怖く感じるのは一番最初のエイリアンかな。あれこそ宇宙の暗闇が本当に物語をより怖くしてたね。

宇宙は考えるほど不思議だよね。
広い、暗い、生命体、何処まであるのか、ブラックホールとか恐ろしすぎる。小さい頃は考えると怖くなった。

そういえば土星の衛星エンケラドゥスには水がバリバリあるらしい。
生命体もいるのだろうか。いつか誰かが上陸してその目で見たりすることがあるのだろうか。
そして自分が死ぬ時、宇宙の謎は何処まで解明されているのだろうか?
取り留めのない感想文になってしまいましたが今年もよろしくお願いします!

ともろお

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です