Bumblebee バンブルビーを見てきました!

バンブルビー(原題: Bumblebee)を見てきました。

トランスフォーマー言わずとしれた日本原作のロボットを海外主導でアニメ化。一大社会現象を起こして日本に逆輸入。その後日本独特のシリーズやビーストウォーズを経てマイケル・ベイの手で実写化された。えい今回は実写シリーズの過去談、外伝というところか。

先日トランスフォーマーの展示会を池袋で見てきたばかりなのでモチベーション充分の状態での鑑賞。

バリバリネタバレ感想なのでネタバレ回避したい方は見てからまた来てね!

個人的は最初の5分、この場面でノックアウトされた。
理由は原作のアニメが好きだった人ならわかるはず。

最初に実写になったときのトランスフォーマーたちの複雑怪奇な形状に違和感を感じた人も多かったはず。

私もそうで原作とは別ものに考えざる負えなかった。乱戦になると見分けもつかなかったし。
まあ何回も見たり好きになってくると不思議と気にならなくってトランスフォーマーやなって思うようになったけどね。

さてバンブルビーに話を戻そう。
最初の5分には多くの子供達…いや子供から大人になったかつての少年たちが思い描いていた世界だったのではないか。
本当にあのアニメの世界を実写化してくれた。

できればそのままあの世界を2時間見ていたかったほどだ。
今回こういった形で原作を本当にリスペクトした形で実写してくれた監督に感謝したい。
多くの方が手にとって遊んだであろうあの頃のトランスフォーマーたちがそのままの姿でスクリーンで暴れる姿は涙なしには見られない…
多分ここで感動するのは初代原理主義者達であるだろうが初見の方にも充分にトランスフォーマーの世界の魅力を伝えるのに充分な役割を果たしていると思う。素晴らしい導入部分だった。吹き替えで見たがサウンドウェーブがカセットロンをイジェクトするシーン吹き替えが「発射〜」だったかな?なってたけどそこは「イジェ〜クト」って頑張ってほしかった笑

ストーリは地球に到着したバンブルビーがディセプティコンとの最初の戦闘で記憶を失ってしまい、後に出会う少女チャーリーと共にディセプティコンと人間を巻き込んだ騒動のお話だ。
その中で家族との絆や、バンブルビーとの友情、仲間との出会いなどが描かれていく爽やかなストーリーだ。実写版のエピソードに繋がるであろうものも描かれており実写版のファンへのアピールももちろん忘れない丁寧な描写は高感度が高い。

音楽は80年代の楽曲が多く使用されレトロ調の映像ととてもよくあっていた。当時の音楽好きな方にはたまらないのであろうか。主人公のチャーリーがメタラーっぽい感じも良かった。
トランスフォーマーファンには特別な曲も少し流れる。使い所は?だったが笑
街なかの描写はレトロ感があったのだけど軍隊の司令室は若干現代過ぎねえかと思ってしまった。80年代のアメリカを知っているわけではないのでなんとも言えないが雰囲気作りは頑張っていたように感じたがもっとレトロ感があってもいいかなとは思った。

ストーリーは万人受けする感じで良い意味で癖がなく大人から子供、カップルまで楽しめる作りなっているように感じた。
全体的にストーリー重視の印象が強く戦闘は要所要所で入れられ今までの実写シリーズに比べると戦闘シーンが少なく感じた。これは実写ファンにはちょっときついかもしれない。毎回飽きるくらい戦闘シーンがあって楽しかったんだけど今回はファイナルバトルも今までに比べるとしょぼい感じが否めず物足りなさが正直残ってしまった。敵キャラもトリプルチェンジャーなのだが2体しかいないうえあまり強敵感を感じることが出来ず戦闘シーンの緊迫感はやはり今までのシリーズに及ばず。そこは次回作があるならもっと派手にやって欲しいところだ。
エンドロールまで作品のポップなイラストがイエローとブラックのバンブルカラーで描かれ劇中の内容を思い出しつつ楽しく見れた。これは今までのシリーズでは感じたことのないセンスだと思いよかった。

今回は吹替版を見た。オプティマスプライムには安定の玄田哲章さんがちゃんと起用されていた。本当は旧キャラ全員オリジナルの人にやってほしかったけど難しいんだろうね。主役と仲間には土屋太鳳と志尊淳。声優原理主義なので芸能人にはやってほしくない派なのだが土屋太鳳は割と自然に感じた。志尊淳はなんか、ちょっと不器用な感じの男の子役だったんだけどなんか余計不自然で変だったぞ。まあ後で調べて知ったし作品を殺すようなことにはなってないと思う。そもそも2人のことをよく知らない。いろいろ言ってすまんな。

バンブルビーの表情が今までのシリーズのトランスフォーマーたちに比べ豊かで可愛らしい。いいことだとは思うのだが違う角度から見ると若干こびてる感じがしないでもなく硬派な雰囲気のトランスフォーマーが好きな人には厳しく映るかもしれない。
とはいえオタク方向まっしぐらに舵をとっていたと感じる実写シリーズに新しいファン、特に女性や子供を引き込むには今回の外伝、大成功になるんじゃないかな。
冒頭5分のオールドファンへの出血大サービスも考えると、うん、バンブルビーの表情と同じであざといぞ笑


よく会うな…

この映画を期にトランスフォーマーの世界がさらに盛り上がって行くことを願おう。
そしてまたスクリーンで彼らの勇姿がまた見られますように。

ともろお

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です